まとめ百選 - いいもの発見!

アプリやサイト等 便利な厳選アイテムをまとめて紹介

ビットコインFXで知って欲しい現物取引より2倍稼げる理由と仕組み

      2017/10/31

2017年前半は仮想通貨が話題となり、ビットコイン・アルトコインといった仮想通貨全体の高騰もあって、「初めてビットコインの投資をしてみた人」が多くなりました。

ただ、いざ買ったけど値段が下がり中々売れなくて困っている人も多くいるのではないでしょうか。

その際の打開策として、「ビットコインFX」が1つの選択肢に入れると良いと考えます。

本記事ではおすすめの取引所をご案内しつつ、ビットコインFXの仕組みを知って、現物取引(通常の取引)より稼ぐチャンスが多い理由について解説します。

  • 使いやすいおすすめのビットコインFXができる取引所
  • 5分で読めるビットコインFXの仕組みと稼げる理由

それでは順番にご紹介します。

1. 国内取引所で一番使いやすいbitFlyer lightning(ビットフライヤーライトニング)

まず最初に、ビットコインFXがやりやすい、おすすめのビットコイン取引所を紹介します。

ビットコインFXをするなら bitFlyer lightning(ビットフライヤーライトニング) です。



ビットフライヤーのアカウントを持っていればすぐに出来ますし、アカウントを持っていなくても1分程度で簡単にアカウントを作ることができます。

ビットフライヤーをおすすめする理由は後ほど詳しく解説します。


ビットフライヤー公式ページ 

2. ビットコインFXとは?特徴とポイントについて

ビットコインを為替のFXのように、レバレッジ(てこ)をかけて取り引きすることができます。

FXをやったことのない人のために簡単な説明をします。

レバレッジとは手元の資金を担保に数倍から数十倍の取引を行うことを言います。

例えば、10万円の資金に10倍のレバレッジをかければ100万円分の取り引きを行えます。

この小さい資金に大きな力を加える様を、テコの原理に見立てて「レバレッジ(和訳でてこ)」と呼ばれるようになりました。

また、この FX という手法の特徴は、現物(ビットコイン)を扱う通常の取り引きとは違い取り引きの結果だけが反映されるという点にあります。

2-1. ビットコインFXの特徴は売りでも利益が出せるからいつでも稼ぐチャンスがある

先ほど説明した通り、FXと同じように取り引きすることができるので、当然「買い」だけでなく「売り」でも利益を出すことができます。

この「売り」でも利益を出せるということは、つまりビットコインの価格が下がり続けているときでも利益を出すことができるということです。

「買い」は通常と同じく「1BTCが安い時に買って、高くなったら売る」という方法です。

先ほども少しお話ししましたが、FX では「結果」のみが反映するので、ビットコインを持っていないのにいきなり「売る」という方法も行え、「先に売って取引を開始して、買い戻して利益を上げる」ことになります。

この売りの流れが少し難しいのですが1つ例を出して説明します。

1BTC = 30万円 として、これから確実に値下がりするかな というタイミングをみて、 1BTC を(例なので極端ですが)無料で借りてきて売ります。

その後 1BTC が 10万円 に下がったタイミングで買い戻せば、30万円で売った 1BTC を 10万円 で買えたので 1BTC を返しても 差額 20万円分 の利益が発生します。

このように通常の取引ではできない、現物を持っていないのに取引できることがビットコインFXの大きな特徴です。

2-2. メリットはレバレッジ!高いボラティリティを低資金でも活用できる



次にレバレッジができる点です。

通常であれば、手持ちのビットコインでのみ取引することができますが、ビットコインFXではレバレッジを数倍から十数倍かけることができるので、少ない資金でも大きな利益を出すことができます。

具体的にいうと、手持ちの資金が1万円の場合、通常の現物取引ではその一万円の範囲で買ったり売ったりして利益をあげますが、ビットコインFXでレバレッジを十倍でかければ10万円分の資金で取引を行うことができます。

このようにレバレッジを使えば、相場の変動があまりない時でも大きな利益を出すことができます。

注意点!FXだと数円程度の価格変動に対してレバレッジを行うことで大きな利益を出すことができますが、ビットコインの場合10,000円レベルでの相場変動があります。
このくらいの変動率がある場合に、高い資金で大きくレバレッジをかけて取り引きを行う場合は、かなりのハイリスクになります。

大きい額での取り引きに慣れていない場合には、小さい資金にレバレッジをかける方法をおすすめします。

3. 常に一定の利益を出し続けるなら ビットコインFX

相場が停滞していたり、価格が下降し続けているときなどでも、売りで利益が出せて且つ現物取引(通常の取引)よりも利益率の高いビットコインFXは活用次第で大きなメリットになります。

リスク・リターンに注意しつつ、ビットコイン運用の選択肢にぜひ取り入れてみましょう。

4. ビットフライヤーライトニングとは?

国内で一番メジャーな、日本最大規模を誇るビットフライヤーが提供しているビットコインFXのサービスが bitFlyer lightning(ビットフライヤーライトニング) です。


ビットフライヤー公式ページ 



アカウントを作成済みの方は、メイン画面からでもログインできます。

4-1. 最大15倍までかけられるレバレッジが魅力

ビットフライヤーライトニングでは、レバレッジを最大15倍までかけることができます。

フィアット(円やドルなどの法定通貨)の数倍はボラティリティ(価格変動の度合い)が大きいビットコイン相場において、レバレッジでの取り引きは大きな利益を狙うことができます。



※ 上の図は2015年のドル/円、ユーロ/円、ビットコイン/円の相場変動の比較です。
参考 : ビットフライヤー

4-2. 見やすくて使いやすいトレード画面

下の画面はPCで見たビットフライヤーライトニングのメイン画面です。



1つの画面に必要なものが見やすく、わかりやすく配置されていて非常に使いやすいインターフェースになっています。



4-3. 現物取引と同じく手数料が無料



通常のビットコイン現物取引と同じで、ビットコインFXのビットフライヤーライトニングでも「送金」、「売買の手数料」は無料です。

手数料無料だから「細かく稼ぐ」戦法が使える

手数料無料と聞いても、まだビットコインFXをしたことがない人にはピンと来ないかもしれません。

この「手数料無料」の最大のメリットは、「細かくちょこちょこ稼ぐ」方法ができることです。

例にすると 1BTC が 10,000円 だったとして、それが 10,100円 になったとします。

普通ならここで決済すれば儲けの100円よりも手数料がかかってマイナスになってしまいますが、手数料が無料なので 100円 という小さい利益でも手にすることができます。

ビットフライヤーが人気のある理由には、株主に超大手企業が名を連ねていることから来る安心感の他にも、手数料が無料なので新規に投資をはじめたユーザーが低資金でも運用できる敷居の低さにもあります。

4-4. ユーザーの口コミと評判


現物取引よりもビットコインFX

冒頭でもお話ししましたが2017年の前半と比べて相場が上向きに動かなくなっているので、今までのように「持っているだけで利益を出せる」ことは難しくなってきています。

いざ相場が動かない、価格が落ちる一方という状況になった時に焦って始めて慣れない取引で大損するよりも、今のうちからビットコインFXを始めれば相場の動きから利益を出すことができます。

登録は簡単で、デモ取引もできるので仮想通貨運用の一手としてぜひ取り入れてみてください。

ビットフライヤー公式ページ 

ビットコインFXのレバレッジや売り買いの仕組みについてはこちらの記事でも解説しています。
5分でわかる!ビットコインFXを始める2つの理由と5つのメリット 

 - お金・金融