まとめ百選 – いいもの発見!

【最大五千円プレゼント!】THEOの特徴を解説!テオは一万円の低コスト資産運用可能なロボアドバイザー!

一万円からの低コスト資産運用可能なロボアドバイザーTHEO(テオ)。

さらに今なら「積立応援プログラム」を開始すると最大で「五千円」プレゼント有り!

本記事ではテオの特徴について解説していきます。

最大五千円プレゼント!「THEO積立応援プログラム」

最大で五千円が貰えるテオ積立応援プログラム

詳しくはこちらの公式ホームページから↓↓

THEO(テオ)積立応援プログラム
公式サイトはこちら

dポイントが貰える!ドコモユーザーなら「THEO+ docomo」

大手携帯キャリアdocomoとテオが提携しているTHEO+ docomo

dポイントが貰えるメリット有り!docomoユーザーならこちら↓がおすすめ!

THEO+ docomo
公式サイトはこちら

ロボアドバイザーTHEO(テオ)の特徴

売買手数料無料!「一万円」からスタートできる!

一万円からの低コストでスタートできるのがテオの特徴です。

また報酬は預けている資産の年率1%と低額で、365日24時間いつでも出金できるのも特徴です。

THEO(テオ)公式サイトはこちら

銘柄選びも売買もおまかせ!

テオでは、下記全てが自動で行われます。

  • ポートフォリオ構築
  • 売買
  • 定期的な組み替え

銘柄選び売買タイミング、中・長期どちらの資産運用が良いのか等といったことに悩まずに、そして手間をかけずに資産運用をはじめられます。

THEO(テオ)公式サイトはこちら

テオの投資対象 – ETFによる運用

THEOは、世界中のさまざまなインデックス——香港の株式や、米国の債券、金や原油など——に連動するETFを組み合わせたポートフォリオを構築することで、グローバル分散投資を実現します。

引用 : THEO(テオ) 公式サイト

THEO(テオ)公式サイトはこちら

テオでは下記のETF(Exchange Traded Fund / 上場投資信託)で資産運用を行います。

  • 株式ETF
    • 米国株
    • 他の先進国株
    • 新興国株
    • 先進国のETF
    • 新興国のETFを含む
    • 成長株
    • 割安株等スマートベータ
    • 世界株式ETF
    • など
  • 債券ETF
    • 先進国国債
    • 新興国国債
    • 社債
    • ハイイールド債
    • 資産担保証券
    • 短期国債
    • 物価連動債
    • など
  • コモディティETF
    • 石油・ガス
    • 工業用金属
    • 貴金属
    • 農業
    • 木材
    • など
  • 不動産ETF
  • その他
  • 最低資産残高︰2 billion USD.
  • 最低日次取引額︰10 million USD.
  • etc…

THEO(テオ)公式サイトはこちら

テオの「おまかせ運用」 – 3つのポイント!

ロボアドバイザー「テオ」のおまかせ運用のポイント3つを紹介します。

THEO(テオ)公式サイトはこちら

POINT 1 – 最新の運用手法で、資産を効果的に運用

あなたの資産をより効果的に運用するため、資産運用のエキスパートが継続的に運用アルゴリズムの改善に取り組んでいます。
THEOに任せるだけで、あなたの資産は、いつでも最新の手法で効果的に運用されます。

引用 : THEO(テオ) 公式サイト

上記のように、テオでは常にロボアドバイザーの運用アルゴリズム改善が行われています。

その為、ユーザーは常に最新の運用手法によって利益を得ることができます。

THEO(テオ)公式サイトはこちら

POINT 2 – 人間の行動特性に起因するエラーを排除

感情に従った行動をとった結果、運用成果を低下させてしまうことがしばしばあります。
例えば、利益が出ているときは下落の恐怖があって早めに利益を確定したくなりますし、損失が出ているときは値戻りを期待して損失の確定を先延ばしにしたくなります。

もしあなたが豊富な経験を持ち、資産運用のベストプラクティスを知っていたとしても、いつでもそれを実行できるとは限りません。
THEOに任せれば、心理的な負担なく、常に合理的な選択肢をとることができます。

引用 : THEO(テオ) 公式サイト

短期もそうですが、特に中長期の投資を行っている時に相場が急変したりすると設定した目的から外れた決断をしてしまうことがあります。

ロボアドバイザーテオの強みは、人間のように感情に流される心配が無いポイントも挙げられます。

THEO(テオ)公式サイトはこちら

POINT 3 – メンテナンスの手間がかかりません

もしあなたが効果的な資産運用手法を知っていて、なおかつ常にそれを実践できる鋼の精神力を持っていたとしても、ポートフォリオのメンテナンスには手間がかかるものです。

THEOに任せれば、自らの手で煩わしいメンテナンスをする必要がなくなります。

引用 : THEO(テオ) 公式サイト

テオの特徴の一つには、ポートフォリオの自動メンテナンス = リバランス(資産配分のキープ)リアロケーション(構成ETFの見直し)機能があります。

日々変動している価格によって変化してしまったポートフォリオの配分を、最適な配分に自動で調整してくれます。

THEO(テオ)公式サイトはこちら

テオの利用者層 – 投資未経験の20〜30代が多い

テオ公式サイトによると、2018年8月31日時点のアンケート結果では利用者の実に80%程度が投資未経験となっています。
さらに、年齢も20代から30代と比較的若い年代が多いようです。

そして2018年8月31日時点で利用者数が5万2千人を超えていることがわかります。

THEO(テオ)公式サイトはこちら

投資のエキスパートによる運用ロジック!

テオの運用ロジック作成には下記の人物が携わっています。

  • 加藤 康之 – アカデミック・アドバイザー
    東京工業大学大学院修士卒業、京都大学博士。野村證券(株)執行役を歴任。
  • スチュワートボックス マット – Deputy COO
    イギリス出身、ケンブリッジ大学数学修士。
  • シュライバー マルコム – 資産運用部長
    コロンビア大学(NY)学士(応用数学) (1990年) 同大学修士学位(応用物理学)(1991年)
  • 東海林 紘 – クオンツ
    京都大学理学部理学科卒業。 東京大学大学院数理科学研究科修士(数理科学)。 専攻は確率論。リーマン・ブラザーズ証券、野村證券、UBS証券にてデリバティブのモデリングに従事。

THEO(テオ)公式サイトはこちら

大手と続々提携!大型の資金調達も話題に!

記事冒頭でもありましたが、テオはdocomoと提携して 「THEO+ docomo」 をスタートしています。
その他にも住信SBIネット銀行や新生銀行、他には熊本銀行などといった地銀とも提携してテオプラスサービスを展開しています。

また、テオを運営しているお金のデザイン社は総額59億円もの資金調達を実施して話題になっています。
過去には三井住友銀行、りそな銀行、伊藤忠、電通、東京大学エッジキャピタル、新生銀行、NTTドコモ、第一生命保険、静岡キャピタル、丸井グループ、ベネフィット・ワン、東京短資などといった大手企業から資金を調達しています。

THEO(テオ)公式サイトはこちら

テオの評判まとめ

THEO(テオ)公式サイトはこちら

THEO(テオ)公式サイトはこちら

THEO(テオ)公式サイトはこちら

本記事の内容まとめ – テオの特徴を3行で解説!

THEO(テオ)

  • docomoやSBI、他地銀が提携!話題の資産運用サービス!
  • 低コストでもOK!1万円からでも資産運用できる!5万人以上が利用!
  • 常に改善されているロボアドバイザーが最適な調整で資産を運用!
THEO(テオ)公式サイトはこちら

THEO積立応援プログラム

最大で五千円が貰えるテオ積立応援プログラムについて詳しくはこちらの公式ホームページから↓↓

THEO(テオ)積立応援プログラム
公式サイトはこちら

THEO+ docomo

dポイントが貰えるメリット有り!THEO+ docomoについて詳しくはこちらの公式ホームページから↓↓

THEO+ docomo
公式サイトはこちら
モバイルバージョンを終了