まとめ百選 - いいもの発見!

アプリやサイト等 便利な厳選アイテムをまとめて紹介

フィスコは板取引ができる仮想通貨取引所!FISCOの特徴を解説!

   

FISCO(フィスコ)は、ビットコイン、ビットコインキャッシュや「モナコイン」が板取引で安く購入できる日本の仮想通貨取引所です。

本記事ではフィスコの特徴について解説します。


FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら

フィスコの概要

ザイフのハッキング事件からの一連の流れで、ザイフの事業を譲り受け、ザイフユーザーへの保証をすることを発表して話題となった国内取引所「フィスコ」。

日本の金融大手「フィスコ」が設立していますが、他取引所と比べこれまで知名度はあまり高くない印象でしたが、ザイフの事件の後の迅速な対応で非常に多くの注目を集めています。

それではフィスコとはどういった取引所なのか、その特徴を順番に見ていきましょう!

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら 

フィスコでは「板取引」で指値注文ができる!

フィスコでは仮想通貨の現物を「板取引」で指値注文して売買することができます。

ユーザー同士が売りたい価格、買いたい価格を提示し合いマッチすれば取引が成立するので、販売所形式のみの取引所より仮想通貨を安く購入することができます。

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら 

販売所機能も有り!

「簡単売買」機能もあるので、「板取引」が苦手な人や、これから仮想通貨を始めるユーザーでも、目当ての仮想通貨をスムーズに購入することができます。

1POINT一般的に「販売所」形式だと「板取引」より高く付いてしまいますが、デメリットばかりではありません。

  • 早く購入·売却を済ませたい
    板取引では価格の折り合いがつかず、取引が中々成立しない場合もあります。
  • 初心者でも簡単に売買できる
    決められた価格からどのくらい買う、売るを選択するだけなので、初めての人でも簡単に購入·売却することができます。


などといったメリットもあります。

※2018年11月8日現在、簡単売買は一時停止しているようです。再開についてはフィスコ公式サイト をご確認ください。

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら 

フィスコの通貨一覧

取扱通貨の一覧  
Bitcoin
(ビットコイン)
BTC
Bitcoin Cash
(ビットコインキャッシュ)
BCH
Monacoin
(モナコイン)
MONA
フィスココインFSCC
カイカコインCICC
ネクスコインNCXC

フィスコではビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインといった仮想通貨3種類と、カウンターパーティー製のトークン3種類の計6種類を取引できます。

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら 

フィスコの取引手数料一覧

フィスコの取引手数料は 0.1% から 0.3% となっています。

FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら 

フィスコのFX取引

2018年11月8日現在では、フィスコに仮想通貨FX(ビットコインFX、レバレッジ取引)はありません。

ただザイフではFX取引があるため、ザイフと提携した今後はFX取引も開始されるかもしれません。

フィスコの特徴まとめ

FISCO(フィスコ)

  • 人気のビットコイン、ビットコインキャッシュやモナコインが指値取引できる!
  • 「指値注文」できるから「ビットコイン」も「ビットコインキャッシュ」、「モナコイン」も安く売買できる!
  • ザイフと提携したことでFXや取扱通貨の追加など期待が持てる!
FISCO(フィスコ) 公式サイトはこちら

 - お金・金融